二の腕にきび

二の腕にきびの原因って?

にきびは、

 

毛穴が汚れや代謝による老廃物で詰まる
→皮脂が毛包の中で黄白色の塊となり、さらに皮脂が外気に触れると黒く変色
→酷くなると、毛穴周りの皮膚が赤く腫れて膿んでくる

 

という過程でできます。

 

 

二の腕にも皮脂腺がたくさんあるんです!

 

 

つまり、二の腕も顔や背中と同じようにニキビができやすい場所ということ。
二の腕も、顔と同様に丁寧なケアが重要だということですね。

二の腕にきびを撲滅する5か条!

二の腕にきびに限らず、ですが、キレイなお肌を保つための5か条がこちらです。

 

★バランスの取れた食事をとる(脂質、糖質の摂りすぎ注意!)
★十分な睡眠をとる
★適度な運動をする
★ストレスをためない
★自分に合った肌ケア

 

5番目の『肌ケア』について、次で詳しくご紹介します。

二の腕にきびの肌ケア 3ステップ☆

二の腕にきびの肌ケア、毎日継続することが重要です。
3日坊主では意味がないので、めんどくさがりな方でもできる簡単3ステップをご紹介しますね。

 

 

しっかり洗って汚れを落とす

ニキビケアでまず大切なのは、洗い残しが無いよう、しっかり汚れを落とすことです。
汚れを落として清潔にすることはもちろん、後で使うニキビケア商品の効果を高めるためにも、ここは大事なステップです。
特に二の腕の裏側は、あまり手をかけずサラッとしか洗えていないことが多いので、意識してすみずみまでキレイに洗いましょう。

 

※ナイロンタオルは、強くこするとお肌が傷ついてしまうことがあるので、注意してくださいね。

 

 

丁寧に洗い流す

シャンプーやトリートメントなどの洗い流しが足りずに、背中や二の腕・首・デコルテのにきびの原因となっていることが多くあります。
女性だと、頭を洗って→トリートメントをして放置→体を洗ってからトリートメントを流す、という方、多いのではないでしょうか?
トリートメント剤が肩やデコルテにも残ってしまい、細菌増殖の原因になる場合があるので、
最後に体を洗い流すよう習慣づけましょう

 

× 体を洗う→トリートメントを流す
◎ トリートメントを流す→体を洗う

 

 

しっかり保湿

秋冬は、乾燥でデコルテにきびが出来てしまうこともありますので、適度な保湿でお肌を柔らかく保つことは大切です。
外的刺激からお肌を守るためにも、ニキビ専用のケア商品できちんと保湿しましょう。
クリームやオイル系の保湿剤は夏場だと毛穴を詰まらせる原因になることがあるので、ジェルタイプがおススメです。

二の腕にきび専用のケア商品「ジュエルレイン」

ジェルタイプのにきび専用ケア商品、おすすめはこちらです。

 

Jewel Rain(ジュエルレイン)



 

 

この商品、某最大手の化粧品口コミサイトでも、評価がすごく高いです!!!!
背中にきびを大々的に謳っていますが、
ジェルでみずみずしく伸びが良いので、背中に限らず、二の腕をはじめボディ全体のにきびケアにぴったりですよ。

 

 

私は、乾燥しやすいヒジ・ヒザなどは保湿性の高いボディミルクやクリームを、
背中や二の腕などニキビができやすい部分はジュエルレイン、と部位によって使い分けしています^^

 

 

今からお手入れを始めると、夏にも間に合います!
ぜひジュエルレインから試してみてはいかがでしょうか☆

 
リンク集1リンク集2